チラシ


 

少年サッカークラブ、野球クラブ、スイミングスクール、クラシックバレエ、習字や塾の習い事等の入会案内や募集、キャンペーンのチラシ。
保育園や幼稚園の張り紙チラシや配布チラシ、全てにおいての「チラシ」に対応しています。
デザインやレイアウトにお困りの方も、お気軽にご相談ください。

当社では、チラシのデザインのご提案など印刷以外のさまざまな面でもサポートいたします。

まずは、お問い合わせ下さい。

菅原のチラシ印刷への取り組み

オフィスデータでもお任せ下さい

お客さまのほうでオフィス系のソフト(MicrosoftのWord・Excel・PowerPoint等)を用いて
作られたデータを、そのまま当社にご入稿いただいても対応させていただきます。
WordやExcel等のOfficeアプリケーションで作成されたデータは、本来は商業印刷に適して
おりません。そのため印刷する際に、印刷用の専用データに変換する必要があります。
当社とお客さまのパソコン環境の違いによって、体裁が崩れたり書体が置き換わってしまう
可能性もございますので、PDFデータに変換されたものでご入稿をおすすめしております。
 

少ない枚数でも低コストで印刷

限られたお客さまにだけチラシを配布したいので、今回は数十枚だけ作りたい。
そういう場合でも、当社の小ロット少部数のオンデマンド印刷で、コストをかけずに本当に
必要な枚数だけを印刷することができるので、リースナブルな価格が実現できます。
少ない枚数でもご安心ください。もちろん多種類・大量の印刷もお受けできます。
 

ワンポイントアドバイス

用途に応じた用紙を選択

一般的に手配りされるようなチラシには、90kgや110kgと言われるベースの厚さの用紙がおすすめですが、店頭に置かれるものやお店の紹介を載せているようなものなどには、しっかりとした厚みの135kg程度の用紙でチラシを作られることをおすすめいたします。

また、チラシに写真を載せている場合は光沢あるコートタイプを使用し、イラストや文字だけの場合は光沢の抑えたマット系
のタイプなど
、紙の厚みだけでなく紙の種類にまで目を向けて
作られますと、
相手に与える印象もさまざま変わってきます。

 

チラシ印刷時のさまざまな加工

例えばA4サイズのチラシを印刷する際、チラシを三つ折加工まで印刷会社に依頼することで、一般的な細長い封筒(長3サイズの封筒等)に入れることもできますので、大切なお客さまにだけ情報をお伝えするツールにもなります。

当社ではチラシの印刷をご依頼いただく際に、オプション加工としてお客さまのご希望に合わせたさまざまな折り方に加工したり、またPP加工(チラシの片面もしくは両面にラミネートをさせたような加工)や用紙の角を丸くしたり、ミシン目を入れチラシの一部分を切り取れるようにしたりなど対応できます。
デザインの幅を広げるためにも、ぜひお役立てください。

 

兵庫県姫路でチラシの印刷のことなら当社にお任せください!

チラシの印刷のことなら
兵庫県姫路の印刷会社「株式会社 菅原」にぜひ一度ご相談ください。
 

このページのトップに戻る